読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これさえあればなんとかなる!nano・universeのカーディガン

ものレビュー

f:id:helloxxxx:20160103211858j:plain:W400
やくと、と申します。


この時期の長野は冷え込みが厳しく、朝晩は氷点下が常です。
今年は暖冬と言われていますが、やはり寒い。
暖冬ってのは「冬にしてはあたたかい」というだけの話なので、寒いもんは寒いんですよ。




下着の上にはヒートテック!さらには厚手のニットで完全防備!
こんな感じに気合を入れて出かけるのもいいのですが、目的地の暖房稼働具合によっては大失敗になりかねません。
そう、寒冷地あるある「暖房過多」が襲いかかるのです。


基本的に暑がりなので、暖房の温度設定によっては下手な重ね着は逆に邪魔、なんてこともしばしば。
個人的なベストバランスは、


「下着+インナー(長袖)+ニットorカーディガン」


くらいですかね。
温度調節が不安な場所に行くときは大体カーディガンを羽織っていきます。
したがって、カーディガンの品質は個人的にものすごく重要視しているわけです。



いつも使うものが故

たかがカーディガン、されどカーディガン。


世の中にはたくさんの種類が出回っており、一見選びたい放題に見えます。
しかし、個人のニーズを満たした製品はその中の一握りに過ぎません。
斯く言うわたしも、服選びに失敗し残念な気持ちになったことが何度もあります。


わたしの失敗例は以下のとおり。


・丈が長すぎor短すぎ
・生地が薄すぎ
・縫製が甘くほつれが目立つようになる
・買った直後から毛玉バトル勃発
・腕周りがキツキツ


丈や生地については完全に経験不足が故の失敗でした。
ロング丈で薄手の製品は、かなりスリムな人でないと悲しいシルエットになるということを学びましたよ。
日々勉強の毎日です。


わたしは物の管理が丁寧な人間ではないため、繊細な扱いが求められる物は苦手です。
したがって、毛玉やほつれは「できにくい」タイプがあればそれが一番。


腕周り問題はこの中でも一番深刻。
近年のオシャレ事情なんでしょうか、特にカーディガンはタイトなシルエットのものが増えたような気がします。
これは非常に悩ましい事態です。
実はわたし、服の袖が肘から下にかかる感触が苦手。
長袖を着ていても、無意識に袖を捲ってしまうクセがあるのです。
もちろん季節関係なしに。


長袖の意味なくね?というご指摘はスルーで。


昨今流行の体に沿うシルエットの服だと、この腕捲りがうまくできないのです。
厚手のインナーを着るときにも非常に不便。


傍から見れば違和感も何もないのは百も承知ですが、やっぱりわたしは腕周りにゆとりがほしい!


我ながら好き放題言ってしまいました。
しかし、こんなわがままだらけの需要に見事応えたカーディガンがあるんだからすごいですね。



安心と信頼のnano・universe

去年の4月に出会ったカーディガンがこちら。


f:id:helloxxxx:20160119235329j:plain:W200


元値11,000円のところ、半額の5,500円で購入できました。


ちなみにこれ、メンズだったりします。


zozo.jp



そうです、何もレディースサイズにこだわることはないのです。
肩幅だけは間違えると悲しいことになりそうだったので、Sサイズをチョイス。
着丈も問題なしでした。


生地は綿100%。
多少雑に扱ってもヨレヨレにならないので、気兼ねなく使える。
毛玉ができない。
おまけに静電気も起きない(ような気がする)。
肌触りもちくちくしない。
防寒の役目を果たしつつ、通気性も◎。


カジュアルにもフォーマルにも合わせやすい落ち着いた配色。
仕事中も休日のお出かけもおまかせな万能アイテムです。


間違いなく、今まで購入したカーディガンの中で最高の部類に入ります。
ありがとう、nano・universe
おかげで今日の通勤も快適です。




まるでショップ店員の販促記事のようになってしまった…。


ではではー。